logo
TRIBAL FUSION BELLY DANCER
NATSUMI SUZUKI
 
 

TAFインテンシブ&認定テスト6月開催!

Turandot2
Sold out!!

速報です!遠方の方にも!!
6月15・16・17日にTribal Asia Fusiondance(以下TAF)初のレベル1インテンシブ&認定テストを行います。遠方の方でも一気に勉強して認定テストまで受講できるよう、合宿ができるダンススタジオで開催します。
(通える範囲内の方は宿泊しなくて結構ですし、プライベート空間が欲しい方は別のホテルなどに宿泊されても構いません。)
TAF未経験者や他ジャンルのダンサーさんでも受講していただけます。

皆様には3日間の集中講座を通して、TAFのダンスメソッドはもちろん、このダンスに込められた真髄も理解していただけると考えております。
レベル1テスト合格者は認定証授与、経歴などに記載をしていただくこともできます。(不合格者もオンラインやプライベートレッスンで再テスト可能です。)
Natsumi日本滞在時のみの開催、かつ人数制限もありますので、ご希望の方は早めにお申し込みください。
※レベル2まで合格するとインストラクターを開始していただく事ができます。こちらのインテンシブとテストは年末か来年以降を予定しております。
※もちろんインストラクターを目指していない方や経験が浅い方、ただこのスタイルが好きだからテストや認定証云々は関係なく勉強したい方にも受講して頂けます。


日程:6月15,16,17日の二泊三日
開催地は八王子にある合宿可能のダンススタジオ(一泊¥3,000)
場所や宿泊に関してはこちらのHPをご確認ください。
スタジオ地図 http://studio.8ng.net/access
すぐそばにフォルクス、デニーズ、回転寿司、市民公園、コンビニなど色々あります。スタジオにはお風呂がありますが、銭湯や温泉施設も近くにあり。のどかで便利なエリア。

なんと今回は、初日インテンシブ開始時間から最終日テスト終了時間までスタジオを貸し切りに致しますので、レッスン中以外にも朝8時から夜12時までは、ご自由にスタジオをお使いいただけます。心ゆくまで予習、復習、ストレッチ、テスト勉強などしていただけます。
内容:
TAFインテンシブ・レベル1の内容は、TAFの基礎ストレッチから始まり、アームス、マイム、アイソレーションやステップ、センターフォローイング、センターステップ、ポーズやターンなど。
全てのダンスジャンルに必要な基礎とTAF特有のダンス基礎、この両方をじっくり学んでいただきます。
タイムスケジュール(仮予定):遠方の方が参加できるように、1日目は遅めスタート、最終日は早め終了となっております。
1日目:13:00受付、13:30開始予定、5時間(2時間ごと30分休憩。休憩の時間は5時間に含まれておりません。)その後30分ほどクールダウン・質問タイム。
2日目:12:00開始予定、5時間、その後30分ほどクールダウン・質問タイム
3日目:10:00開始予定、1時間テストに向け最終確認レッスン、テスト(受講人数によりますが1~2時間を予定)
以上、合計12時間のインテンシブ+レベル1認定テスト+スタジオ使い放題
となります。

料金は43,200円(税込) ※テスト料金、認定証料金(後日合否通知と共に送付)込み
スタジオの宿泊施設希望の方は別途、宿泊料金一泊/3000円をスタジオにお支払いいただきます。

ご希望の方はnatsumicro@gmail.comに”TAFレベル1インテンシブ&認定テスト申し込み希望”と記載したメールを送ってください。詳細をメールにて返信いたします。
その際、
1、お名前記載忘れにお気をつけください(ダンサー名をご使用の方はどなたかわからない事がありますので、そちらも記載してください。)
2、人数制限があるため宿泊施設使用希望かどうかの記載をお願いします。ホテルにするか迷われている方は宿泊場所の写真を送りますので、おしらせください。
3、メールの返事が1〜2日してもこない場合、届いてない可能性がありますのでFacebookやインスタグラムなどからメッセージをください。

※インテンシブ中の事故や病気、怪我、盗難、その他トラブルには一切責任を負いかねます。ご自身でしっかりと管理して下さい。
生徒さま都合によるお申し込みのキャンセル・返金は原則として承ることができません。
以上をご理解頂ける方のみ、お申込みをお願いいたします。

posted in Class / WS / Show, Dance by admin

Follow comments via the RSS Feed| Trackback URL

 
Powered by Wordpress. Design by Bryan Cheng.