logo
TRIBAL FUSION BELLY DANCER
NATSUMI SUZUKI
 
 
  • SF Mecca immersionにて踊ります

    21日(日)、SF Mecca After Partyにスペシャルゲストとして出演します。
    お時間のある方は是非!!


    シークレットゲストも登場予定とか・・・。
    誰なんでしょーか!?



    Aug,21st @Amnesia
    8pm – 9:15pm
    SF Mecca student hafla
    Special Guest performances by: Elizabeth Bast, Paige Lawrence, and Natsumi Suzuki



    9pm – 12am
    Live music: MWE


    Come see MWE at our favorite venue!!


    This may be the last MWE show with the whole band!!!
    Our beloved clarinetist, Samuel, is heading back to Istanbul in early September.


    PLUS come early for a Happy Hour Hafla 8-9:15pm starring bellydancers from around the world, in town for SF Mecca Sidecar!


    “Special Guest” performances by: Elizabeth Bast, Paige Lawrence, and Natsumi Suzuki! (in addition to all the lovely SF Mecca dancers! going to be a great night….



  • New Natsumi



    この間のFatChanceBellyDance主催のイベントA Taste Of Tribalと
    Om Shan Teaでやったパフォーマンスがこの天狐の物語です。
    何年か前もこの衣装で踊ったのですが(以前UPしていたMovieもその一部です)
    数年ぶりに、もう一度踊りました。


    でも今回は衣装以外、曲も振り付けも全てを一新しました。
    実は、前回踊ったときにパフォーマンスを見に来ていたアメリカ人の方に
    「以前、日本に住んでいたことがあって、あなたの踊りを見て
    その時読んだ天狐の絵本を思い出したよ。」
    と言われたことがありました。


    私もその絵本を読んだことがあり二人で盛り上がったのですが
    その時に、物語を読んでいるようなパフォーマンスをしたいなと思ったんです。
    小さい頃、絵本を読んでもらっているときのワクワクする気持ち。
    楽しくって可笑しくって悲しくって恐ろしい・・・全てがつまっている絵本。
    そして、読み終わった後も思い出して空想に耽れるお話。


    残念ながら、その時は断念。
    構想や振り付けはたくさん沸いていたんですが、踊りでストーリーを語るだけの実力がなかった!!
    お面をつけると顔の表情が見えない為、笑顔やおどけた表情でごまかせない。
    それでなくても当時は、表現力をもっとつけろと言われていたのに
    体の動きだけで喜怒哀楽を表現するなんて無理でした。


    最近ようやく表現力も認められるようになり
    もう一度天狐をやって欲しいとのリクエストをいただいたので、チャレンジすることにしました。

    パフォーマンスは、ストーリーテラーによる語りから始まります。
    これが、もう本当に大仕事でして・・・
    天狐の伝承を元に自分で物語を作り、英訳にしてファンコに声優をやってもらい音楽に合わせて吹き込む。


    そしてセリフに合った振り付け。これは言っていることに合わせてそれっぽい動きをすればいいので、そこまで苦労せず。
    問題は、セリフ部分が終わってからですよ(汗)
    顔は見えないので、ほんの少しのマイムと
    体の震え、動きの間や強弱、わずかな頭の傾き加減などで怒りと悲しみ、喜びを表現する。


    何度も何度も振り付けを変え、
    自分が観客としてみていたらここからどんな物語を想像するか、
    ダンスだけどダンスじゃない、
    そして観客もストーリーの中の一部、
    人間 対 天狐。

    パフォーマンス直前までは、お客さんを物語の世界に連れ込めるか、
    そんなこと自分に出来るのか・・・
    やっぱり無難に普通のことをやろうかな、
    なんて寝込むほど考えてました^^;

    でも本番ではもう自分は物語の世界に入り込んでて・・・。
    普段新しいことにチャレンジするときは、かなり緊張するんですが
    不思議と緊張感はなく、ただ集中

    嬉しいことに、Om Shan Teaでのイベントには
    大好きなダンサーMiriam Peretzがお子さんと来ていたんですが
    その子がパフォーマンス中「狐のお化けだー」と興奮して喜んでいるので、近づくと恐がる恐がる。何度か会ってるのに・・・w
    椅子に乗り上げて、お母さんにしがみついて震えているので
    泣かれちゃマズイと思って離れると、大声で「こっち、こっちー」と呼んでくる、また近づくとめちゃくちゃ恐がる。

    ダンスが終わった後も、大興奮で話しかけてくれるのでお面を取ると
    「It’s a girl!!」と絶叫~。
    Miriamに「だから人間の女の子だって言ったでしょー」と言われても
    「えええ~!?!?どうして?どうしてなの??」と聞いてくる。
    そう、これ!!
    小さい頃に読んだ、恐い絵本のドキドキとワクワク!!
    まさにこれが私のやりたかったこと

    そしてシアターで行われたA Taste Of Tribalでのパフォーマンス。
    ここでも客席まで行ってお客さんと絡もうとすると
    椅子に乗り上げて恐がる人が。大人だったけど・・・w
    そして観客の方にいただいた最高の言葉。
    「お面で顔の表情が見えないのに見えているようだった。
    すごく伝わってきた。」
    と。嬉しい!!



    今回のパフォーマンスは、たくさん悩んだけれど
    チャレンジして本当に良かったです。
    自分にとって何かが大きく変わった、一歩でした。
    今、ダンサーであり表現者でもありたいと強く思います。



    オーガナイズしてくださった、Jill, Sandi, Oshan,イベントに関わった全ての方々、英訳を手伝ってくれた友人、声優ファンコ、見に来てくださった観客の方々に心よりお礼もうしあげます。


    おまけ:



    ファットチャンスのAnitaが天狐にKiss♥
    Photo By Kristine



    Tea Circusで、ジャグリング&司会進行のDavid Bernbaum



    OshanによるTea danceパフォーマンス



 
Powered by Wordpress. Design by Bryan Cheng.