logo
TRIBAL FUSION BELLY DANCER
NATSUMI SUZUKI
 
 

Profile


日本語のプロフィールは下をご覧ください。

Natsumi Suzuki is a director of her own dance style “Tribal Asia Fusion”, dancer and choreographer from Tokyo, Japan, inhabiting San Francisco since 2007. She acquired an O-1 visa (ability artist visa) by dance in the U.S.

– About Tribal Asia Fusion –
Tribal Asia Fusion is a new dance style created by Japanese dancer Natsumi Suzuki. As a lifelong dancer Natsumi has mastered a variety of dance styles and studied both in Japan and overseas. In 2007 Natsumi returned to her origins and began creating pieces that have movements of Japanese storytelling and folklore. In 2016 Natsumi began to deepen her focus on Asian dance and in 2018 she established Tribal Asia Fusion.

Tribal Asia Fusion is formed by Ballet, HipHop,Jazz, Belly dance, Tribal Fusion (one of the new belly dance styles that is formed by American Tribal Style and folklore dance), Asian, Japanese traditional dance and mime. It is also briefly called “Asian Fusion Dance”.

Because it is fused with many dance styles, some people might think anything goes. However there are specific characteristics of Tribal Asia Fusion:

・Classic line of ballet poses
・Creativity, musicality, and expressive movements of HipHop
・Strength and dynamic energy of Jazz
・Variety of steps from Belly dance and Tribal Fusion
・Asian-specific unique expressions, face positioning and movement of hands and fingers
・Isolations
・Layering (basic layering of the isolations)

Overall it requires high skill!

The dance piece is created with stories that are made in the motif of Japanese storytelling.


– About Natsumi Suzuki –
Classically trained in ballet as a child and expanding into hip hop dance in her teens, she also studied Club Jazz and Pop Lockin’ i.e.- Moon Walking, Robotic movements, and street dancing. In Japan, she learned many styles of dance and body physiology before graduating at her dance college.

While Natsumi has been in San Francisco, her passion for knowledge and improving her skills has led her to study belly dance and tribal fusion vigorously for the past 8 years with Jill Parker, Rachel Brice, Kami Liddle, Mira Betz, Suhaila Salimpour, Andrea Sendek, Ariellah and Zoe Jakes. She has received Certification Level 1 from Suhaila Salimpour and also certification from Rachel Brice’s 8 Elements™ Intensive1 Exams.

Some highlighted performances by Natsumi Suzuki include: Tribal Massive Spectacular with Mira Betz, Salon L’Orient starring Rachel Brice and the San Francisco Asian Art Museum VIP reception.
She collaborated with Dj Shotnez aka Ori Kaplan(Balkan Beat Box) in 2013.
She taught Ballet and Jazz Fusion bellydance Workshop, Hip hop Fusion Bellydance Workshop at FatChance Bellydance studio on June and August, 2015.
Also teaching class and WS at Los Angeles Bellydance Academy.

She was helm as the Matriarch for Veil of Maya’s new album and played a big role of their music videos “Mikasa” and “Aeris”.

2016 – She was performing for Asking Alexandria’s music video ‘The Black’.
She was in Aldious(All girl Japanese metal band)’s music video “Sweet Temptation”

Mexico tour Nov-Jan,2013-2014
Japan tour Apr-Sep, 2014
Japan tour March-June, 2016

– Natsumi Suzuki –
アメリカで活動する日本人舞踊家、自身のダンススタイルTribal Asia Fusionのディレクター、振付家。
和の文化にヒップホップ,バレエ,ジャズ,トライバルフュージョンベリーダンス,クラシカルアジアンダンスなどを融合したトライバルアジア・フュージョンという独自のスタイルを持つ。

– Tribal Asia Fusionとは –
Tribal Asia Fusion とは

国内外で様々なジャンルのダンスを学んできたNatsumi Suzukiによって始められた新しいスタイル。

バレエ、ヒップホップ、ジャズ、ベリーダンス、トライバルフュージョン(民族舞踊やAmerican Tribal Styleを元にして形成された新しいベリーダンスの一種)、それらにアジアや日本の舞踊・マイムを取り入れたのがTribal Asia Fusionである。簡潔にAsian Fusion Danceと呼ばれることもある。



様々なダンスが融合されているだけに、なんでもありと思われがちだが、バレエのポージングの美しさ・ヒップホップの独創性や不可思議な動き・ジャズの俊敏力・ベリーダンスやトライバルフュージョンの様々なステップ・アジアが持つ独特の表現の数々や顔のポジション・手指先での表現、そして機械のように精巧なアイソレーション(身体の各パーツを個別に動かす基礎トレーニングの一つ)やレイヤリング(アイソレーションを重ね合わせる基礎トレーニングの一つ)、可動域の広さや身体の各筋肉を個別に動かす能力、など高い技術が必要とされる。



一般的に作品はストーリーを持って踊られる。特に日本の伝承などをモチーフにしたものが多い。


– Natsumi Suzuki 経歴 –
米国にて数々のフェスティバルや舞台公演に出演。
その実績が認められ、レイチェル・ブライス、ジル・パーカー、カミ・リドル、元ベリーダンス・スーパースターズのソニア、スヘイラ・サリンポーダンスカンパニーアシスタントディレクターのアンドレア・センデック、南カリフォルニアベリーダンス界の大御所ナナ・カンデリア推薦のもと、米国アーティストビザ(特殊技能、卓越能力ビザ)を取得。
現在トライバル・フュージョン・ベリーダンスを、本場サンフランシスコで本格的に修行した初の日本人として国内外で注目を集めている。
2013年より日本のBellydance Japan誌にて1年間エッセイ連載。2014年には1年をかけてグローバル・バルカン系のバンドと共にメキシコツアーと日本ツアーを行う。


幼少期にクラシックバレエを学び、16才からヒップホップダンスを始める。
その他にもPopping, Animation style, Club Jazzや
ダンスの専門学校にて運動生理学を学ぶ。

ベリーダンスをタカダアキコに師事。

2007年より米国サンフランシスコにて、トライバルフュージョンベリーダンスのパイオニアJill Parker、そしてこのスタイルの第一線で活躍するRachel Brice, Kami Liddle, Mira Betz, Ariellah Aflalo, Zoe Jakesに師事。

トライバルスタイルだけでなくベリーダンスを基礎から学ぶため、
世界的ベリーダンサーSuhaila Salimpourに師事。
他にAndrea Sendek, Nanna Candelariaに師事。

2009年、Suhaila certification(認可証) Level1を取得。
同年、Tribal Fest 9にソロ出場。

2011年には、毎年ラスベガスで行われるトライバルフュージョンのステージショー、Tribal massive spectacularミラ・ベッツと共に出場。

2011年4月、Rachel Briceによる初の8 Elements™ Intensive1のCertificationを取得。
ポートランドで行われたレイチェル・ブライス出演イベント、Salon L’Orient Starring Rachel Brice にゲストダンサーとして出演。

2013年、サンフランシスコのショーにてDj Shotnez aka Ori Kaplan(バルカン・ビート・ボックス)とコラボレートを果たす。同年末から2014年末にかけて、メキシコツアーと日本ツアーを行う。

2015年7月と8月にバレエ・ジャズフュージョンベリーダンスとヒップホップフュージョンベリーダンスのWSをFatChance Bellydance studioにて開催。
サンフランシスコクラスのほか、ロサンゼルスのLA Bellydance Academyにて定期的にクラスやWSを開催。


2015年、アメリカのバンドVeil of Mayaのミュージックビデオ “Mikasa” に出演。この曲が収録されたアルバム”Matriarch”のイメージキャラクターに選ばれアルバムジャケットカバーなどに起用される。このアルバムはBillboardチャートUS Hard Rock部門で最高順位2位となった。

同年12月にリリースされた”Aeris”のミュージックビデオに出演。

イギリスのバンド、Asking Alexandria’The Black’のミュージックビデオに出演。
日本のバンドAldiousの“Sweet Temptation”のミュージックビデオに出演。

トライバルフュージョンベリーダンス界だけにとどまらず、SymbiosisやArt Outsideなどの音楽フェスティバルでのパフォーマンスに参加。


メキシコツアー Nov-Jan,2013-2014
日本ツアー Apr-Sep, 2014
日本ツアー March-June, 2016

 
Powered by Wordpress. Design by Bryan Cheng.